SOLIDWORKS Data Management 2018 SP4 リリース ノート

最新のリリース ノートは、こちらから参照できます。

修正済みの SPR のリストは、ここをクリックしてください。

新規機能に関する説明は、ヘルプ メニューの新規機能を参照してください。

重要: エンド オブ ライフに関するアナウンス

Microsoft Windows 7 SP1、64-bit オペレーティング システム

SOLIDWORKS PDM のアクティブな製品およびエンド オブ ライフ製品に関する現在の情報については、システム要件を参照してください。Microsoft オペレーティング システムのライフサイクル情報については、Microsoft の Windows ライフサイクルのファクト シートを参照してください。

SOLIDWORKS PDM 2020 SP5 は、Windows® 7 オペレーティング システムをサポートする最後のリリースです。SOLIDWORKS PDM 2021 製品は Windows 7 にはインストールできません。

Microsoft Windows 7 のメインストリーム サポートは、2015 年 1 月 13 日で終了しました。例外として、SOLIDWORKS PDM 2018-2020 のサポートは、Microsoft の延長サポート期間まで延長します。これは、2020 年 1 月 14 日で終了します。
SOLIDWORKS PDM バージョン SOLIDWORKS PDM サポート Microsoft 延長サポート SOLIDWORKS PDM ライフサイクル開始 SOLIDWORKS PDM ライフサイクル終了
SW PDM 2018 はい はい 2017 年 10 月 2019 年 12 月
SW PDM 2019 はい * 不完全 (15 ヶ月) 2018 年 10 月 2020 年 12 月
SW PDM 2020 はい * 不完全 (3 ヶ月) 2019 年 10 月 2021 年 12 月
SW PDM 2021 いいえ/インストール禁止 いいえ 2020 年 10 月 2022 年 12 月

* Microsoft Windows 7 の修正プログラムに依存する SOLIDWORKS PDM の修正プログラムは、SOLIDWORKS PDM ライフサイクルの後期には提供されません。

Microsoft Windows 8.1 64-bit オペレーティング システム

SOLIDWORKS PDM 2018 SP5 は、Windows® 8.1 64-bit オペレーティング システムをサポートする最後のリリースです。SOLIDWORKS PDM 2019 製品は Windows 8.1 にはインストールできません

Windows Server 2012 R2 オペレーティング システム

SOLIDWORKS PDM 2019 SP5 は、Windows Server® 2012 R2 オペレーティング システムをサポートする最後のリリースです。SOLIDWORKS PDM 2020 製品は Windows Server 2012 R2 にはインストールできません

Windows Server 2012 オペレーティング システム

SOLIDWORKS PDM 2018 SP5 は、Windows Server® 2012 オペレーティング システムをサポートする最後のリリースです。SOLIDWORKS PDM 2019 製品は Windows Server 2012 にはインストールできません

Windows Server 2008 R2、SP1 オペレーティング システム

SOLIDWORKS PDM 2017 は、Windows Server® 2008 R2、SP1 オペレーティング システムをサポートする最後のリリースです。SOLIDWORKS PDM 2018 製品は Windows Server 2008 R2、SP1 にはインストールできません

Microsoft Excel 2013 および Word 2013

SOLIDWORKS PDM 2020 SP5 は、Microsoft® Excel 2013 および Word 2013 をサポートする最後のリリースです。

Microsoft Excel 2010 および Word 2010

SOLIDWORKS PDM 2018 SP5 は、Microsoft® Excel 2010 および Word 2010 をサポートする最後のリリースです。

Microsoft SQL Server 2008 R2

SOLIDWORKS PDM 2017 SP5 は、SQL Server® 2008 R2 をサポートする最後のリリースです。

SOLIDWORKS Workgroup PDM

SOLIDWORKS 2018 以降は SOLIDWORKS Workgroup PDM 製品を含みません。SOLIDWORKS PDM Standard 製品に代わります。

システム要件

SolidWorks ソフトウェアを確実にインストールし、最適なパフォーマンスでお使いいただくために、次を参照してください: System Requirements(必要なシステム要件)

インストール

SolidNetWork License Manager

SOLIDWORKS PDM 2018 には、ライセンスを管理する SolidNetWork ライセンス(SNL)マネージャー 2018 が必要です。

SOLIDWORKS PDM Server インストールの変更

SOLIDWORKS PDM Server とその構成部品のインストールを変更するには、Windows の [コントロール パネル] から、[プログラムと機能] を使用します。SOLIDWORKS Installation Manager(SLDIM)によるインストールは、SOLIDWORKS PDM Server のインストールに使用した場合でも変更できません。

技術的な警告

SQL Server

SQL Server 2012 以降、Microsoft では Processor Site Licenses(PSL)のライセンス モデルをコアベースのモデルに変更しました。PSL モデルを使用していた SQL Server 2008 R2 以前の場合、ライセンスはサーバー上で利用できる物理プロセッサー数に基づいていました。SQL Server 2012 以降の場合、コアベースのライセンスはサーバー上で利用できる物理コア数に基づきます。PSL ライセンスを購入した SOLIDWORKS PDM のお客様が SQL Server 2014 にアップグレードする場合は、適切な数のコア ライセンスがあることをご確認ください。一般には、1 つの PSL ライセンスが 4 つのコア ライセンスに変換されます。

詳しくは、こちらを参照するか、SOLIDWORKS 代理店(VAR)までご連絡ください。

機能

SOLIDWORKS PDM 製品との互換性

SOLIDWORKS PDM 2017 より、SOLIDWORKS PDM クライアント用サービス パックは、メジャー バージョンが同じ場合に限り SOLIDWORKS PDM サーバー用のサービス パックと異なる場合があります。

SOLIDWORKS PDM Professional 2018 は SOLIDWORKS 2018、2017、2016 をサポートします。SOLIDWORKS PDM Standard 2018 は SOLIDWORKS 2018 のみサポートします。新しいバージョンの SOLIDWORKS と旧バージョンの SOLIDWORKS PDM の組み合わせはサポートされていません

ドキュメンテーション

ドキュメンテーションに固有の項目は今回ありません。

Service Pack 4.0

このサービス パックに関する記述は特にありません。

Service Pack 3.0

このサービス パックに関する記述は特にありません。

Service Pack 2.0

SOLIDWORKS PDM の統合

  • SOLIDWORKS PDM が SOLIDWORKS Inspection Standalone 2018 内で使用できるようになりました。
  • CommandManager の SOLIDWORKS PDM タブで、SOLIDWORKS PDM のフィーチャー(チェックアウトチェックイン検索バージョンを取得など)にアクセスできます。
  • この新しい統合により、品質保障技術者は、プロジェクトに関係するすべてのファイルおよびレポートとともに検査プロジェクトのストレージを管理して一元化できます。
  • バージョン管理によりデータの紛失を防止し、検索機能により検査プロジェクトの検索時間を削減します。

Service Pack 1.0

SOLIDWORKS Manage

SOLIDWORKS Manage は、SOLIDWORKS PDM Professional によって有効化されるグローバル ファイル管理およびアプリケーション統合を拡張する高度なデータ管理システムです。

SOLIDWORKS Manage:
  • 完全な部品表(BOM)の作成時間を、以下によって短縮します。
    • ファイルと記録データを組み合わせる,使いやすい編集機能。
    • 製品データを他のビジネス システムと自動的に共有。
  • 複数のデータ管理システムと個別のアプリケーションを保守する費用を、以下によって削減します。
    • すべてのデータが同期された単一のシステムにアクセス。
    • 外部リソースやコンサルタントが不要。
  • すべてのタイムライン、リソース、タスク、成果物を共通のプロジェクト オブジェクトにリンクし、単一のシステムで更新することにより、プロジェクトの開発時間および超過コストを解消。

  • インタラクティブなダッシュボードとリソース容量の概要による情報提供により、製品開発に関するプロジェクト マネージャーの重要な意志決定に情報を提供。

SOLIDWORKS Manage は SolidNetwork License Manager を使用し、また実行にはアクティベーション ベースのシリアル番号が必要です。詳細は、SOLIDWORKS 代理店までご連絡ください。