DraftSight 2024 SP1 リリース ノート

最新のリリース ノートを確認してください。

修正された SPR のリストを確認してください。

新機能に関する説明は、ヘルプ メニューの新機能を参照してください。

エンド オブ ライフに関するアナウンス - Microsoft 製品
エンド オブ ライフに関するアナウンス - Mac 製品
システムおよびグラフィック要件
インストール
技術的な警告
ドキュメント
Service Pack 1.0

エンド オブ ライフに関するアナウンス - Microsoft 製品

Microsoft オペレーティング システムのライフサイクル情報については、Microsoft の Windows ライフサイクルのファクト シートを参照してください。

Microsoft Windows 7、32-bit および 64-bit オペレーティング システム

DraftSight 2020 は、Windows® 7 オペレーティング システムをサポートする最後のリリースです。
DraftSight 2021 製品は、Windows 7 にはインストールできません

Microsoft Windows 8.1 32-bit および 64-bit オペレーティング システム

DraftSight 2020 は、Windows® 8.1 オペレーティング システムをサポートする最後のリリースです。
DraftSight 2021 製品は、Windows 8.1 にはインストールできません

エンド オブ ライフに関するアナウンス - Mac 製品

DraftSight 2021 製品は、MacOS High Sierra - 10.13 をサポートしていません

システムおよびグラフィック要件

ソフトウェアを確実にインストールし、最適なパフォーマンスでお使いいただくために、システム要件を参照してください。

インストール

DraftSight 永久ライセンスの再アクティブ化

DraftSight 2022 より、永久ライセンスを購入されたお客様は、年に 1 回ライセンスを再アクティブ化する必要があります。ライセンスの有効期限が切れることはありませんが、お客様がサブスクリプションを契約されているかどうかにかかわらず、定期的に再アクティブ化する必要があります。期限付きライセンスは影響を受けません。

再アクティブ化は、DraftSight 2022 のスタンドアロン製品に適用されますが、以前のバージョンには適用されません。

再アクティブ化は、組織の 2022 License Manager への更新後、SolidNetWork ライセス製品に適用されます。インストールされている製品が以前のリリースのものであっても、サーバー上の 2022 ライセンスは年に 1 回再アクティブ化する必要があります。

DraftSight の SolidNetWork License インストール用の非アクティブ動作セット

DraftSight 2023 より、SolidNetWork License(SNL)のインストールは、他の SOLIDWORKS SNL 製品と同様に、ライセンス サーバーで定義された非アクティブ動作に従います。以前、このオプションはクライアントのエンドユーザーにより DraftSight で指定されていました。

この変更により、DraftSight Enterprise、DraftSight Enterprise Plus、DraftSight Mechanical が SOLIDWORKS SNL 製品と連携します。DraftSight で定義された以前のタイムアウトは、ライセンス サーバーによって上書きされます。

SNL ユーザーは、FlexNet オプションファイルを使用してタイムアウトを設定できます。詳細については、SolidNetwork_License_Manager_install_dir\Docs\flexuser\licensingenduserguide.pdf を参照してください。

Dassault Systèmes License Server(DSLS)のインストールは変更されません。

技術的な警告

今回は、技術的な警告はありません。

ドキュメント

このサービス パックに関するドキュメント固有の項目は特にありません。

Service Pack 1.0

このサービス パックに関する項目はありません。